大人にきび

思春期の頃はあんまりにきびに悩まされることなかったのに、なぜか大人になってからにきびに悩まされることが多くなってきた、という人はよくいらっしゃるのではないでしょうか?
また、思春期の頃もにきびに悩まされることが多かったけど、大人になったら思春期の頃とは違う場所ににきびができて、さらになかなか良くならない、なんて方も多いと思います。
それが大人にきびなんです。
思春期のにきびの原因は、ホルモンバランスが悪くなり、皮脂が過剰に分泌されてしまうことが原因となっています。
それに対して大人にきびの原因はホルモンバランスの乱れもそうですが、ストレスや偏った食生活、さらに肌のターンオーバーが遅くなることが原因となっているのです。
思春期のにきびと違って大人のにきびは原因が複雑なのが特徴です。そのため薬を塗ったり顔をちゃんと洗ったりといった自己流にきび治療でもなかなか治りにくいところが厄介なんです。

女性はにきびがあるだけで気分が落ち込んでしまったりすることってよくありますよね。
なかなか治らないしつこいにきび治療にはレーザーで素早く確実に治療することがオススメですよ。